考えている女性

緊急避妊薬のひとつであるアイピルの効き目は大きく分けてふたつです。どういったメカニズムで薬の効き目があらわれるのかを知っておくことは、間違った使用による避妊の失敗を予防することにつながります。服用さえすれば良いというものではないので、緊急避妊薬を購入する際には、薬の作用機序を理解しておいてください。

これから、ふたつの効き目を服用後の身体の変化や薬の内容と共に説明していきます。十分な知識を持って安全に緊急避妊薬を使いましょう。

服用により排卵が抑制され妊娠を予防する

アイピルが持つ妊娠させない作用のひとつは、排卵を抑制すること。妊娠が成立する時に必要となるのが、赤ちゃんの元になる受精卵です。受精卵は女性の体内にある卵子と、男性が射精した精子とが一体になることで出来上がります。

性行為を行った時に男性の精子が女性の体内に入り、その時に丁度排卵が行われていると、女性の体内で卵子と精子が出会います。出会った精子と卵子は必ずしも一体化するわけではありませんが、精子が卵子の壁を突き破って内部に入ることができれば受精卵の出来上がりです。

受精卵が出来上がるメカニズムはこのようになっているので、卵子がないことには赤ちゃんの元になる受精卵のできようがありません。卵子が卵巣から排出されることを排卵といい、女性の身体では生理周期1回につき1度卵子の排出が起こる仕組みです。アイピルはこの排卵自体を遅らせることで、妊娠予防効果を発揮します。

このメカニズムには女性ホルモンが大きく関係しています。生理周期前半はエストロゲンという女性ホルモンが徐々に増えていき、排卵を起こした後にはプロゲステロンという女性ホルモンが増加。アイピルにはプロゲステロンと同じ働きをする成分が含まれており、服用後は一時的に体の中にプロゲステロンが足りている状態へと変化するので、それ以上女性ホルモンが分泌されません。

この時には、体外から女性ホルモンを入れることで、すでに排卵が済んでいると体に誤解させている状態。身体に勘違いさせることで、卵子を出す指令を抑制します。排卵日に近づいていたとしても、身体からの命令がないと変化は起きません。

精子の寿命は約2日間なので、精子が体内で生きている間に排卵が起きないようにすれば、高い確率で妊娠を抑制できます。このようにアイピルに含まれている女性ホルモンの効果で、排卵を遅らせて卵子が身体の中にない状態にできれば、精子が体内にあっても受精卵が出来上がることはないでしょう。

ただし、すでに排卵が起きてしまっている場合には、緊急避妊薬で女性ホルモンを体内に取り入れてもストップさせることはできません。卵子が体内にある場合には、受精卵が出来上がる可能性があるので、もうひとつの効果で妊娠を予防します。

服用により着床しづらい状態に変化し妊娠を抑制する

アイピルのふたつ目の効果は、受精卵が出来上がっていたとしても着床させにくくすることで妊娠を防止する働きです。妊娠は卵子と精子が受精するだけでは成立しません。卵管で卵子と精子が一体化し、受精卵が出来上がった後に、受精卵は女性の体内を移動し子宮内へ入ります。子宮の中に入った受精卵は、子宮の壁に引っ付いて根を下ろし、母体と血液のやり取りができる状態になって初めて着床が成立。

子宮内に受精した卵子が入っただけでは妊娠は成立せず、そこで生理が起これば受精卵は血液と一緒に体外へ排出されます。つまり、排卵がすでに起きていて、かつ精子と卵子が一体化して受精卵ができてしまっていても、着床をさせないようにすれば妊娠の予防が可能だということです。

アイピルに含まれている女性ホルモンは、子宮内膜の増殖を抑える作用もあるため、着床しづらい状態に体を変化させることができます。受精した卵子が根を下ろすのは子宮の壁にあたる子宮壁ですが、子宮壁は子宮内膜という細胞でできていて、生理周期に合わせて厚みの変化を繰り返しています。そして、妊娠が成立しない場合には子宮内膜が剥がれ落ちて体外に出ますが、それが生理現象です。

受精卵が着床するためには、子宮内膜が増殖し血流が増えている状態にならないといけません。仮に子宮内膜の細胞が増殖せずに薄いままで排卵を迎えた場合には、精子が体内に入り受精卵ができても、着床できないので妊娠は成立しないでしょう。アイピルは強制的に子宮内膜の増殖を抑えて、妊娠をしづらい状態に身体を変化させる効果があります。

さらに、緊急避妊薬を服用で強制的に子宮内膜を剥がすと、消退出血が起きます。生理と同じように、子宮内膜の組織が剥がれ落ちて出血させるので、極めて着床が困難な状態です。子宮内膜が剥がれ落ちるということは、受精卵が子宮内に入ってきても着床せずに子宮内膜組織と共に体外に排出させられるということ。

こういった効果を出せれば、性行為で避妊に失敗しても、妊娠を予防できるでしょう。しかし、受精卵ができて、さらに子宮内に着床して妊娠が成立した後は、アイピルを使っても妊娠を止めることはできないので注意してください。

記事一覧
病院だけじゃなくて通販でも買える?アイピルの購入方法をご紹介!

アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品ですが、日本国内では認可されていないので、アイピルと同等の効果のある薬を手に入れようと思ったら、病院を受診してノルレボ錠を処方してもらう必要があります。病院で処方してもらう方法は、診察を受けて医師の処方箋を受けて薬局で処方してもらうという流れになります。それ以...

2020年04月05日
服用するタイミングが大切!緊急避妊薬で失敗しないために知っておこう!

緊急避妊薬は、性行為から時間が経つと効き目がなくなるのが特徴。ある時を境にして避妊率が一気に低くなるので、飲むタイミングが非常に重要です。また、緊急避妊薬は性行為からの経過時間が短ければ短いほど避妊率が高くなります、失敗するリスクを低くすることができます。そのため、一定の時間内に服用すれば良いという...

2020年05月18日
事前に確認しておこう!アフターピルの種類や違いにはどんなものがある?

日本で使われている緊急避妊薬は2種類。どちらも避妊に失敗した性行為の後に服用するという点は同じですが、含まれている成分や服用方法に違いがあります。日本ではアフターピルの使用が許可されていない時代があり、女性ホルモンを含む錠剤を飲むヤッペ法が主流でした。ヤッペ法で使われる薬剤のひとつが、プラノバールと...

2020年06月24日
通販で購入するときには要注意!アフターピルの偽物が出回っています

アフターピルは通販サイトを使って購入するのが便利で手軽ですが、気を付けておかないといけないこともあります。最も怖いのは、通販で購入した商品が偽物だった場合。身体の中に入れるものなので、効果が出ないだけでなく、悪影響を及ぼすような成分が入っていると非常に危険です。通販サイトで購入する時には、偽物のアフ...

2020年06月07日
誰にも知られずに手に入れたい人に朗報!通販で購入できる避妊ピルって?

避妊方法はコンドームを使うのが一般的ですが、最近では女性が自主的に避妊できる低用量ピルを利用する人の数が増えてきています。避妊ピルは婦人科を受診して処方してもらわないといけないので、手間とお金、時間がかかるのがデメリットだとされていました。しかし、最近では個人輸入で海外の低用量ピルを購入して服用する...

2020年05月01日
不正出血を引き起こすことも?事前に知っておきたいアイピルの副作用って何?

アイピルは薬とはいえ病気の治療のために使うものではありません。しかし、他の薬と同様に副作用が存在するので覚えておいてください。緊急避妊薬は低用量ピルよりも含まれる女性ホルモン量が多く、副作用も起こりやすいと言われています。低用量ピルの場合には毎日飲んで排卵を抑制する作用を出しますが、アイピルの場合に...

2020年04月16日